*よくある質問*

Q.はり、きゅう、マッサージの治療をうけるには、どうしたらいいですか?

  • 治療を受けたい治療院等に、まず電話などで連絡してみてください。
    営業時間、治療の内容、料金や該当する症状など治療院によって異なると思いますので、十分ご確認のうえ御利用ください。治療院の方に直接行かれても、予約があったり、往診等で居なかったりする為、電話連絡された方が確実だと思います。

Q.はり、きゅうは、痛いですか?


  • 特に気になる事項だと思います。多くの場合は、はりは痛くありません。
    鍼灸治療に使用されるはりは、毛髪程度の太さですので心配ないと思います。ただ、感受性や身体状態、はりの太さ等により、痛みを感じることがあります。そのような場合は治療者に申し出てください。
    きゅう(灸)は、直接皮膚に施すものと皮膚ともぐさの間に物をおいて間接的に施すものがあります。 間接的にするきゅうは、それほど熱さを気にすることはないと思います。直接皮膚に施すきゅうは、まったく熱さを感じないというわけにはいけませんが、病んでる場所やつぼでは心地よさや爽快感があります。

    はり、きゅうについては、痛い、熱いというイメージがありますが、実際はそうでもないので安心して治療を受けてください。

Q.はりの消毒は、どのようにしていますか?

  • はりの消毒については、専用の消毒器によって消毒をおこなってましたが、現在では使い捨てのはり(ディスポーザブル鍼)がほとんどですので、安心して治療を受けていただいて構わないと思います。

Q.保険は、使えますか?

  • はり、きゅう、マッサージについての保険というのは、一定の条件を満たした方が使えます。
    必要な条件としては、医師の同意書があって、必要な病名や症状等があるということです。
    細かい諸条件については「保険治療について」をご覧ください。
    すべての人に十分というわけではありませんが、定期的、継続的に治療される方にとっては、いい制度だと思いますので、十分ご活用ください。

Q.はり、きゅう、マッサージの治療には、副作用は、ないのですか?

  • はり、きゅう、マッサージ治療は、生体に刺激を与え、体のひずみを正常に戻す働きがあります。その為、ひずみが戻る際に体に変調をきたすことがあります。(好転反応)
    体のだるさや痛み、熱感等ですが、それは治療を受ける前のものと違い、治る過程のものと考えられ、一過性であり安静にしておけば解決するものです。
    すべての人が副作用があるというわけではありませんし、ほとんどの人は治療後も問題なく過ごしておられます。

Q.治療後の過ごし方は?

  • できれば、安静にしておくのが最良でしょうが、忙しい現代人にとってそうもいってられないのが現実だと思います。せめて治療直後においては、飲酒、入浴、運動等、体に刺激を与えることは避けてください。当日中はすべてを控えめに生活していただきたいと思ってます。

Q.病気ではないけど、治療できますか?

  • 病院の検査では、問題はないのに、症状があるという人は大変多いです。
    はり、きゅう、マッサージは、健康な方の体調管理から病気の方の治療までいろいろな人を対象としております。もちろん治療できます。
Q.寝たきりの家族がいるのですが、はり、きゅう、マッサージなどを家でやってくれますか?

  • 個々の治療院によって、治療スタイルが違うので全ての治療院が往診を行うというわけではありませんので、お近くの治療院にお尋ねください。
    現在、高齢化社会の進行に伴い在宅医療の考え方が広まっており、往診を行う治療院が多くなっています。
    また、継続的に治療を行うという観点から、保険を使って治療をしており、患者さんの経済的負担も軽減されてます。
    保険は介護保険ではなく、医療保険ですので介護保険のメニューに支障をきたす事はないと思われます。くわしくは在宅ケアについてをご覧ください。